一般社団法人太平洋協会のウェブサイトです

アジア太平洋資料室

  • HOME »
  • アジア太平洋資料室

資料室について

「アジア太平洋資料室」は、2003年7月の財団法人アジア会館の新装オープンに時を併せ、近隣諸国との友好関係促進の見地から調査研究、国際交流など、多分野の方々にご利用いただけることを願って、開設した施設です。
この資料室には、明治時代から現代に至るミクロネシア関係の邦文書籍・雑誌などの文献を中心とする蔵書5,000余点と、太平洋島嶼地域の各種情報が整備されております。
特に1914年から45年まで、日本の植民地時代に多数世に出た南洋群島に関わる研究書籍、調査報告書、単行本、写真集、雑誌のほか、公文書、パンフレット、絵葉書の類にまで及ぶ所蔵物は、敗戦による深刻な散逸情況から推して、国内外の関係者から他に類を見ない文献資料群であるとの評価を得ております。
これらの資料は、市井の南洋群島研究家である山口洋児氏が、数十年かけて古書店市場 から一つずつ探し出し、集積した山口コレクションでもあります。
戦後文献については、ミクロネシアに加えポリネシア、メラネシアなどの島嶼地域に関 する邦文資料をも収集の対象にし、太平洋の島嶼地域全体をカバーする専門資料室としてより充実させるように努めております。

ご利用案内

公開日:月~金の午前10時から午後5時まで。
休室日:土日・祝祭日・年末年始。その他の臨時休室日(公開日を電話で確認ください)。
利用法:資料室の利用は、予約のうえ 来室して閲覧するのが原則 です。電話などでの資料に関する内容照会や郵送複写サービスはしておりません。

刊行書籍のご案内

太平洋諸島センター
Copyright © 一般社団法人太平洋協会 All Rights Reserved.