一般社団法人太平洋協会のウェブサイトです

136-太平洋諸島情報 【項目一覧】

  • HOME »
  • 136-太平洋諸島情報 【項目一覧】

【太平洋諸島情報 項目一覧】(2010年1月~2010年6/7月)

* 記事全文は『Pacific Way』本誌をご覧下さい。

◆地域
MSG拡大首脳会議への招聘/ボイコットで外交戦
UAEが太平洋島嶼に外交攻勢:アラブ-太平洋島嶼外相会議開催
漁業資源管理と利益確保を目指したナウルグループ初の首脳会合が2月に開催
台湾の馬総統が6カ国歴訪
フォーラム事務局は豪・NZの傀儡?-PACERプラス交渉顧問選任で不満噴出
ヴァヌアツ国会でインドネシアの西パプア併合の合法性調査を求める決議採択
EUが太陽光発電プロジェクト対象国を拡大
豪州ラッド首相退陣―初の女性宰相ギラード政権下で総選挙へ
◆パプアニューギニア
ソマレ政権が迷走再開
ポーリアス・マタネ総督の再任に疑問
エクソンモービル社主導LNG開発プロジェクト最終合意成立
ラム・ニッケル鉱山施設完成目前に工事仮差し止め
オク・テディ鉱山でストライキ
元知事ジョン・モミスがブーゲンビル自治州大統領に
◆ソロモン諸島
8月選挙前に与党連合が求心力喪失
新憲法制定はまたも次期政権の課題に
ソロモン国民の88%がRAMSIの存在を支持
経営難のソルタイに1億ソロモンドル増資
ゴールドリッジ金山、新会社が操業再開に向けて精力的な地ならし
PNGの対ソロモン投資拡大に、シクア首相が謝意
ホニアラ雇用対策に世銀らが大型プロジェクト
ガダルカナル北西部で今年も洪水
イルカ輸出業者「改心」-ソロモンのイルカ輸出事業が終結
◆ヴァヌアツ
コーマン議長が辞任-連立組み替えでナタペイ首相が政局乗り切り
経済見通しについて相反する見方
ペンテコストで金鉱探査-ヴァヌアツも「資源国」へ?
中国から高校生100人がヴァヌアツに留学
領土問題でフランスに反発
◆ニューカレドニア
ゴメ大統領、豪州にPIF完全加盟支援を要請
PIF加盟およびMSG参加にヴァヌアツ外相も肯定的
コニアンボのニッケルプロジェクト、アジアから4000人を雇用予定
現地議会、自治権の拡大を承認
◆フィジー諸島
農地借地法(ALTA)を廃止し借地期限を99年に延長
豪州、フィジーへの強硬姿勢を維持
中国、フィジーの農家に肥料を援助
フィジー外相、豪州・NZの外相と会談
売春および不法滞在で中国人9人を逮捕
南アフリカ、フィジーのインフラ改善を支援
フィジー国立大学(FHU)、開学
フィジー、NZとの外交関係を改善
バイニマラマ暗殺計画の首謀者ら8人に有罪判決
バイニマラマ首相、反メソジスト教会を否定
サイクロン・トーマスの被害総額1900万ドルに
シドニー~ナンディ間にジェットスター就航
サイクロン・トーマスでタロイモ被害が120万ドルに
バイニマラマ首相、EUからの支援を拒否
ソマレPNG首相、フィジー体制の理解を呼びかけ
2013年に新憲法公布へ
バイニマラマ首相、土地問題の棚上げを提言
バイニマラマ首相、国民の一致協力を呼びかける
中国、フィジー政府庁舎のフェンス設置を支援
豪州、フィジーのラグビー選手2名の入国を拒否
バイニマラマ首相、2014年の選挙実施は動かず
中国、住宅建設等に2500万ドルを援助
学校内でのカバの飲用禁止
フィジー、中国・ロシアとの関係強化を検討
フィジー、4月の訪問者数過去最高に
中国、MSGサミットに5万ドルを支援
フィジー・タイムズ社主、メディア令を激しく批判
豪高等弁務官代理、内政干渉で国外追放
豪政府観光当局、スバの危険度を引き上げ
“エンゲイジング・フィジー”会合に10ヵ国の首脳ら参加
◆ツバル
女性議員枠設置に向けた提言
◆サモア
日本からフェリーの供与
日本からの救急車・消防車の供与
ツシタラホテルが営業再開へ
中国が政府庁舎を建設へ
中国と非課税輸出協定を締結
「後発開発途上国」のステータスを維持
◆アメリカンサモア
賃金上昇のマイナス影響
110回目の国旗記念日
缶詰工場の操業の行方
◆トケラウ
自水域内での捕鯨を禁止
◆トンガ
駐豪高等弁務官が日本大使として信任状奉呈
フランスと二国間軍事協定に同意
フェリー沈没事故で首相謝罪、逮捕者3名
フェリー沈没事故調査委員会が最終報告書
駐豪・トンガ高等弁務官がPNG高等弁務官を兼任
米国ビザの申請を試験的にヌクアロファで受付
EUがトンガに800万ユーロの支援
国王の報酬前年比3倍、トンガ諮問委員会が説明要求
国際再生可能エネルギー機関と署名、原子力発電機の輸入も
◆クック諸島
公海上の漁業資源の管理に関する条約に署名
中国借款に対する方針見直し
中国プロジェクトの裁判所、倒壊の危険性?
◆ニウエ
NZ移住者の放置家屋解体に反発
◆ウォリス&フツナ
フツナのアロ王退位
サイクロン被害、フランスの支援で復旧
仏政府が新長官を任命
◆仏領ポリネシア
核実験による補償対象の病例が18に決定
核実験による経済的損害に2億米ドルの基金給付
議長にテマル就任、トン・サン政権は議会解散を要求
フロス元大統領、証拠隠滅罪で1万6340ドルの罰金刑
フロス、公金横領事件に関しても仏最高裁で有罪確定
◆ピトケアン
新憲法公布
◆キリバス
異常多雨でタラワの道路が悲惨な状況に
タラワ空港整備に台湾から1400万ドルの借款
6月にナンディ~クリスマス島便復活
日本企業と新たに合弁漁業会社設立
ハリー・トン議員が突然辞職
にっぽん丸がタラワに寄港
◆ナウル
ロシアからの見返り援助
豪州への庇護希望者施設の再設置に名乗り
迷走するナウル政界
◆グアム
JALが日本・グアム便を大幅削減
羽田・グアム便開設ならず
沖縄米軍基地のグアム移転完了は2014年から最大6年延期
米軍基地増設に伴う土地強制収用はないと米軍が明言
◆北マリアナ諸島
再選された正副知事の新任期開始
テニアン島が普天間基地の移転先候補に一時浮上
大停電の危機回避される
財政危機:6月に公務員給与の遅配発生
◆パラオ
コンパクト援助延長交渉が妥結-25年間で新たに2億5000万ドルの財政援助
ウィグル人の仮定住は順調も、最終定住地を模索へ
ウイグル人受入れはコンパクト財政援助延長の交渉材料?
経済・財政ともに苦境のパラオ
ペリリュー島などの大規模投資案件が詐欺スキャンダルに
パラオが捕鯨への態度を変更
2009年訪問客数は9.3%減少
パシフィック・フライアーが新たに就航
ピエラントッチ国務大臣更迭
レメンゲサウ前大統領が資産報告義務違反で罰金刑に
◆ミクロネシア連邦
「最悪期から脱した」とモリ大統領
FSM、通信インフラ整備に積極的
ナンピル水力発電所の再生に中国企業が契約
スサイア初代中国大使が赴任
ヤップの伝統カヌーが航海中一時行方不明に
◆マーシャル諸島
失業や低賃金による海外移住が増加
非効率な公共事業体運営
マーシャルエネルギー会社が破産の危機
ハワイ~マジュロ~グアム線の開設へ

刊行書籍のご案内

太平洋諸島センター
Copyright © 一般社団法人太平洋協会 All Rights Reserved.