一般社団法人太平洋協会のウェブサイトです

143-太平洋諸島情報 項目一覧

  • HOME »
  • 143-太平洋諸島情報 項目一覧

【太平洋諸島情報 項目一覧】           (2013年7月~12月)

* 記事全文は『Pacific Way』本誌をご覧下さい。

◆地域
「貿易のための援助」で太平洋問題の特別セッション
第1回の太平洋諸島フォーラム
太平洋諸島フォーラムで「マジュロ宣言」採択
中国が太平洋諸島地域への援助強化を表明
国連が島嶼国の自然災害リスクの高さを指摘
韓国が太平洋諸島高級事務レベル会合を実施
太平洋・島サミットの中間閣僚会合
気候変動がもたらす経済損失を予測
島嶼国の財政逼迫はより深刻化する?
豪が島嶼地域開発に1500超豪ドル拠出
中国が島嶼地域へ総額20億ドルの借款を約束
PNG元首相が地域主義の発展を提言
◆パプアニューギニア
豪政府と難民への対応に関して合意
汚職撲滅へ向けて、一層の努力が必要
首相が予算の問題点を指摘
近隣国へ開発援助金を拠出
2項目の憲法改正案が議会通過
台湾との経済関係強化に合意
インドネシアとの二国間協定が前進
2014年は生活水準改善の見通し
◆ソロモン諸島
首相のインドネシア公式訪問が問題に
長期化する警察庁長官不在
日・豪企業のニッケル鉱山採掘権争いが法廷へ
選挙人名簿登録に生体認証使用へ
◆ヴァヌアツ
首相不信任案が不成立
親メラネシア政策推進
海外投資家への市民権付与
土地法の改正が成立
◆ニューカレドニア
新議長にヴァミタン
老練政治家の死相次ぐ
FLNKSが選挙監視団派遣を要請
◆フィジー
ロシア、フィジー民主化プロセス支援を表明
カイユウム公共企業相兼法務総裁、フィジーを“南太平洋のシンガポール”に
バイニマラマ首相、“PIFは島嶼国の利益を代表していない”
豪州政府、フィジー新憲法を歓迎
ナイラティカウ大統領、新憲法を承認
バイニマラマ首相、国民に新憲法を読むよう促す
NZ、対フィジー制裁措置を緩和
バイニマラマ首相、慣習的保有地の利益は平等かつ公正に配分されるべき
フィジー、PACP貿易対話から撤退
排他的経済水域で、18件の海底鉱物資源開発を許可
イスラエルに選挙監視団派遣を要請
亡命者テヴィタ・マラ、トンガで国王の私設秘書に
中国企業、製糖工場建設を検討
◆ツバル
新首相の就任で政争に終止符
気象変動対応の関連基金は使いにくい
後発途上国の卒業は時期尚早
空港整備に世銀が拠出
高額航空運賃に懸念
◆サモア
病院建設の第1フェーズが完成
財務省が金融セクター計画
パシフィック・フォーラム・ラインの保有株を売却
出稼ぎサモア人の行儀に警告
◆アメリカンサモア
スターキスト・サモア社が創立50周年
政府は未回収債権を放棄
外国人も最低賃金の適用対象者
タロイモの輸入禁止を提案
◆トケラウ
新貨客船の完成は2014年末
◆トンガ
援助による太陽光発電
中国供与機の就航でNZは援助を一時停止
再生可能エネルギーの利用を国家政策の重点分野に
伝統工芸品タパを輸出
アフガニスタンのトンガ軍に悪評
日本の草の根無償で校舎の改修、増築
NZの大学生がエネルギー問題の解決を支援
ナマコの違法漁獲で死亡事故多発
◆クック諸島
中国とNZが協働援助
伝統的首長の全体的会議構想
◆ニウエ
年金の受給資格拡大
年金支給額が30%増加
豪州への難民申請者収容を検討
◆ウォリス&フツナ
太平洋ミニゲームを開催
◆仏領ポリネシア
国連管理下の住民投票は不支持
仏政府は住民投票反対
仏国民議会が核実験補償の適用範囲を拡大
◆イースター島
レヴィアンテ・アラキが再び議長に
◆ピトケアン
海外在住者の帰島意志を調査
◆キリバス
独立34周年
パシフィックパートナーシップでNZ軍艦入港
南タラワ道路整備工事着工へ
公共事業次官がフィジーで逝去
憲法改正で閣僚数1名増員
海上都市建設実現か?
オシンタイ・インターナショナルホテルに改名
テライナ飛行場の整備開始
旧中国大使館KFLの管理下に
国連代表部を開設
新閣僚3名が就任
国税局の機能強化へ
税制抜本改革のため3法案が成立
◆ナウル
難民収容キャンプ内で暴動
難民収容キャンプ増設に合意
PICTAのサービス業通商プロトコールを批准
不法操業でスペイン漁船罰金
アワーエアラインが増収
◆グアム
海兵隊移転費用の一部を日本が負担
海兵隊移転前にインフラ整備が必要
アフガニスタンから兵士帰還
良好な経済見通し
ロシアからの直行定期便が就航
ヒルトンホテルで爆発、日本人が軽傷
◆北マリアナ諸島
米軍がサイパンの空港・港湾周辺地域の借地を希望
第1回マリアナ・サミット開催
◆パラオ
大統領が国連総会に出席
上院副議長が交代
新乗船協定を米国と締結
大統領が台湾訪問
無人偵察機のデモンストレーション飛行
台風30号による甚大な被害
◆ミクロネシア連邦
複数国と外交関係樹立
日本が国内船舶輸送サービスを支援へ
◆マーシャル諸島
日本から供与される船舶の建造開始
性目的の人身売買は事実無根
国連に「マジュロ宣言」を提出へ
台湾の記念碑が布で覆われる


刊行書籍のご案内

太平洋諸島センター
Copyright © 一般社団法人太平洋協会 All Rights Reserved.